top of page

Mori's praid

​匠の仕事 : Artisan's Work
 どんなに優れた塗料を使用しても、塗装技術や、塗装に対する思いが伴わなければ、最高の作品は完成しません。弊社は、現場と管理が一体となり、日々研鑽し、真摯に現場と向き合っております。ここでは、自慢の匠の、思いを込めた技を紹介させて頂きます。
 
4 Cases
 
施工前
施工前

分かりやすい様に、スプレーでマーキングをしています。

press to zoom
補修材貼り付け
補修材貼り付け

清掃後、紫外線硬化型のFRPシートを張り付けます。

press to zoom
施工後 アップ
施工後 アップ

あまり目立たなくなりました。これで、雨風をしっかり防げます。

press to zoom
施工前
施工前

分かりやすい様に、スプレーでマーキングをしています。

press to zoom
1/4

Case1

​スレート補修

 壁に幅3センチ以上の穴が空いていました。塗装では防げないサイズなので、炭素繊維シート補修を行い、その後塗装を施しました。

 

マスキング状況 サッシ上部
マスキング状況 サッシ上部

外壁を塗装する際に、窓サッシ枠を汚さないように養生をしております。サッシ上部は、地面からは約2.5mの高さがあり、足場でが無いと(もしくは、脚立を使って覗きこまないと)下からは決して見えません。つまり。作業の手間を減らそうと思うと、ついつい手を抜きたくなるような場所です。

press to zoom
サッシ上 アップ ①
サッシ上 アップ ①

丁寧に塗り終えてます。この様に、下からはサッシの上は見えません。

press to zoom
サッシ上 アップ ②
サッシ上 アップ ②

写真箇所に限らず、全箇所この様に養生しております。見栄え、品質を気にかけるのは基本ですが、お客様の財産を大切に扱うという気持ちも持ち続けていかなければ、良い仕事は出来ません。

press to zoom
マスキング状況 サッシ上部
マスキング状況 サッシ上部

外壁を塗装する際に、窓サッシ枠を汚さないように養生をしております。サッシ上部は、地面からは約2.5mの高さがあり、足場でが無いと(もしくは、脚立を使って覗きこまないと)下からは決して見えません。つまり。作業の手間を減らそうと思うと、ついつい手を抜きたくなるような場所です。

press to zoom
1/3

Case2

​壁と軒裏のマスキング 1

 色替をする場所は、テープ等を使用し、色を塗らない(汚したくない)箇所の養生を行います。細部にまでこだわった気配りをご覧ください。

 

色分け ①
色分け ①

凹凸のあるボードの塗り分けは、非常に手間がかかり、根気のいる仕事です。

press to zoom
色分け ① アップ
色分け ① アップ

住宅街では、スプレーによる塗装は極力さけたいので、刷毛、ローラーにて仕上げております。 繊細な、匠のなせる技です。

press to zoom
色分け ② アップ
色分け ② アップ

この現場も刷毛、ローラーで仕上げております。温度、湿度、天候を気にしつつ、外壁ボードの形状通りに、丁寧に養生をした結果が、この仕上がりです。

press to zoom
色分け ①
色分け ①

凹凸のあるボードの塗り分けは、非常に手間がかかり、根気のいる仕事です。

press to zoom
1/4

Case3

​色変え

 外壁を、面で色分けしている写真です。塗装の色に関しても、出来る限りお客様のご要望に添えれるように、日々、精進致します。

 

下地処理前 ①
下地処理前 ①

埃やカビが付着しています。

press to zoom
下地処理中 ①
下地処理中 ①

素地(外壁)を傷付けない程度の番手のペーパーを選択し、付着物を落とした後、ブラシで清掃を行います。

press to zoom
下塗り ②
下塗り ②

今回のプライマー(下塗り)は、発錆の関係上、2液の弱溶剤型エポキシ樹脂を選択しております。1液のプライマーの方が扱いやすく、安価ですが、錆の抑制力(錆に対しての含浸力)が異なる為、2液タイプを選択しました。

press to zoom
下地処理前 ①
下地処理前 ①

埃やカビが付着しています。

press to zoom
1/9

Case4

​下地処理(スレート)

 塗装前の下地処理は、仕上がりに対して約50%の役割を担っており、非常に重要な作業です。

 今回は、スレート壁と軒裏の間に隙間があり、漏水の危険性が考慮されたので、この取り合い部は、高圧洗浄を行いませんでした。しかし、このまま塗装を行うと、塗料の付着も悪く、又、ホコリ等が塗料に紛れると、硬化不良、色別れなどなど、多くの問題を引き起こします。

​ ここでは、今回行った、下地処理の一端をご覧下さい。

 

 

Mori's praid

匠の心遣い : Artisan's Care
 事前に打ち合わせさせて頂いた施工箇所以外にも、作業を進めていくと気になる個所が出てきます。簡易な工事であれば、施主様にお声掛けし、了承を頂いてからサービスで施工致します。
 
※内容によっては、追加工事として、費用の請求をさせて頂く場合がございます事をご了承下さいませ。なお、その際には、必ず事前にご相談差し上げ、見積もりを提出致します。
 
3 Cases
補修前 ①
補修前 ①

紫外線等による劣化です。

press to zoom
補修前アップ
補修前アップ

見た目も気になりますね。

press to zoom
補修後 ③
補修後 ③

パテ処理をして完了です。

press to zoom
補修前 ①
補修前 ①

紫外線等による劣化です。

press to zoom
1/6

Case1

エアコンホースの補修

 経年劣化で、外側のシールがぼろぼろになっていました。

 新たに巻き足し、ついでに壁の隙間もパテ処理を行いました。

補修前
補修前

留め具が外れていました。

press to zoom
補修後アップ
補修後アップ

量販店で購入した留め具を設置しました。

press to zoom
補修後
補修後

これですっきり!!

press to zoom
補修前
補修前

留め具が外れていました。

press to zoom
1/3

Case2

配線コードの再設置

 ぶら下がっていたコードを、新らしい金具でしっかり留めました。

補修前
補修前

かなり錆が発生しており、穴が開く一歩手前です。

press to zoom
錆止め塗装
錆止め塗装

ケレン(手工具による錆とり)を行い、2液の錆止めを塗装しました。 ちなみに、重防食(鉄・非鉄)塗装の場合、錆の除去が塗装品質の5~7割を占めています。つまり、どれだけ良い材料を適正に施工しても、錆除去が出来てないと、すぐに又錆が発生してしまうという事なのです。

press to zoom
施工後
施工後

少し炭素繊維の跡が見えますが、性能上問題は無く、サービス工事という事で、施主様に了承頂きました。

press to zoom
補修前
補修前

かなり錆が発生しており、穴が開く一歩手前です。

press to zoom
1/5

Case3

雨どいの補修

 錆が発生し、穴も開いていたので簡易補修を行いました。

 

bottom of page