趣 1

 塗り壁で仕上げられた風格のあるこちらの日本家屋は、カビや藻、そして、ボードの継ぎ目に浮かんだクラック(ひび)に悩まされておりました。クラック処理の方法は、塗装で出来る事、出来ない事を事前にご説明し、了承の上で施工に入らせて頂きました。

 塗料に関しては、既存の艶無しをお気に召されており、又、最後の塗り替えを希望されましたので、最高級樹脂の完全艶消しフッ素を選択しております。既存の色調をベースにし、相性の良いブラウンをアクセント色として取り入れ、更に趣の増した、和の家に仕上がりました。

施工前
施工前

外壁の北面、東面、塀にカビ・藻の発生が、又、クラックは、1F,2F問わず、全体に見られました。

press to zoom
施工後 全体
施工後 全体

基本色のベージュと相性の良いブラウンを、アクセント色として破風、柱に使い、和モダンな雰囲気に仕上がりました。

press to zoom
施工後 玄関回り
施工後 玄関回り

木漏れ日の差し込む、素敵な空間です。

press to zoom
施工後 玄関天井
施工後 玄関天井

光が差し込んでいる影響で、壁の色が白っぽくみえますが・・・お互いの色が存在感を際立たせています。 高級旅館に来たように錯覚するのは、自分だけでしょうか?

press to zoom
施工後 庭へ続く小路
施工後 庭へ続く小路

光景射す、暖かな小路です。 くつろぎの空間へと誘います。

press to zoom
施工後 縁側
施工後 縁側

色提案は、この空間から想像を膨らませました。 なお、木部には、浸透型の木材保護塗料を使用しております。木材は、切り取った後も活きており、調湿機能により伸縮と膨張を繰り返すので、表面に膜を作る塗料は不向きです。又、床と柱では材料が異なります。なぜなら、床は人が歩くので、耐摩耗性が必要とされるからです。 適材適所の材料選択も、ご自宅を守る要因の一つです。

press to zoom
施工後 色合い
施工後 色合い

この物件に限らず、色合いをお気に召して下さった方は、いつでもお問い合わせくださいませ。

press to zoom